安値のピンクコンパニオンと後悔なく遊ぶ方法は?

Posted on

安値のピンクコンパニオンを狙っても、女の子たちはその道のプロです。

常連でも指名客でもない相手に、安値を提供するほどのお人好しはいません。

警告しておきます。

■稼ぎを多くするのがプロの仕事。

ピンクコンパニオンの派遣サイトには、時々、安値とか最安値、激安といった宣伝文句が並んでいるのを見かけます。

しかしそういうサイトにつられて予約してしまうのは、危険の入り口といっても良いほど危なっかしいことです。

安値で派遣された女の子が、どんな気持ちでサービスを提供しているか、考えてみたことがありますか。

「プラスの費用を積ませるために、どうやってオプションのコースに誘い込めばいいか」です。

彼女たちはプロですから、“安値の女”のままで帰るはずはないのです。

■安値は結局のところ高くつく。

この安値商戦は、ピンクコンパニオンに非があるわけではありません。

モノやサービスには適正価格というものがあるのに、女の子にまで安値を望んでしまう利用者に責任があります。

モノは大量生産して薄利多売ができますが、女の子はモノではないので、安値自体が不可能なことです。

それで後悔なく遊ぶ方法を探るなど、虫の良い話です。

オプションサービスや別立てのコースで割高になっていくことは覚悟しておきましょう。

■ピンクコンパニオンに安値プランや安値コースといったプランがあるとしたら、それは入り口だけの話です。

すべてのプランがそうだとは言えませんが、入り口は魅力的にみせて、出口では相場通りの価格にする、あるいは相場以上の割高な請求にして儲けるというのがこの業界の常です。

安値プランやコースには裏があると疑っておくべきです。

後悔のない安値などありません。